アトピーを防ぐための最適保湿ケア|化粧品だけで対策もできる

様々な刺激を受けやすい肌

肌ケア

過度なケアは逆効果となる

敏感肌になってしまうと、以前使っていた化粧品が使えなくなったり、化粧品選びなどで失敗すると症状が悪化したりしてしまいます。敏感肌を治す事への思いが強くなってしまって、洗顔で洗浄力の高いものを選んだり、洗い過ぎたり、化粧水やスキンケアなどによる過度な刺激を与えてしまう事に繋がり、悪化させてしまいます。まず、洗顔をする時には「ぬるま湯を使った洗顔石鹸での洗顔」をする事で、刺激が少なくなります。クレンジング剤においても刺激の強いものは避けましょう。これでも改善が見られないといった場合には、栄養バランスの良い食事や適切な睡眠時間を取るなど、生活習慣を整えます。生活習慣はスキンケアの基本と言われています。

乾燥させないためには

敏感肌とは、肌を守る機能が著しく低下する事によって、様々な刺激を受けやすくなった、肌の状態を言います。化粧品や衣類などに過敏に反応し、肌荒れ・かゆみ・かぶれといった症状を起こすとされています。中には体調不良やアレルギー性敏感肌などの病気が原因で起こる場合もあります。原因としては様々なものがありますが、多くは乾燥によるものだと言われています。近年では大気汚染が深刻化し、エアコンによる室内乾燥なども影響しているため、毎日のスキンケアが大切です。他の原因として挙げられるのは生活習慣の乱れ・食生活の乱れ・お肌への過度の刺激などがあり、生活習慣や食生活を見直し、お肌への過度な刺激をしないという事が予防法へと繋がります。