アトピーを防ぐための最適保湿ケア|化粧品だけで対策もできる

潤いを与える化粧品

肌の手入れ

高保湿なセラミドの力

肌の水分量が少なくなっている乾燥肌は、化粧水で水分をたっぷりと与えてあげて、一緒にこの水分が逃げないようにサポートする保湿成分を、肌に与えるのが大切です。特に角質層の保湿に効果的なのはセラミドです。角質細胞が並んでいる隙間には、細胞間脂質という物質が埋めていて水分や油分をしっかりと抱え込んで保湿してくれています。この細胞間脂質の多くの割合を占めているのがセラミドで、乾燥肌はセラミドが少ない状態になっています。そのため、水分が角質のすき間から蒸発しやすくなっていて、肌が乾燥したり外部からの刺激に弱くなっています。角質層の隅々にまで化粧水で水分を与えてあげて、セラミドを一緒に浸透させることで水分が逃げにくくなり、みずみずしく潤いのある肌を維持できます。

有効な保湿成分

潤いを保つ力が弱い乾燥肌は、化粧水にも保湿タイプを選びましょう。肌のバリア機能の要でもあるセラミドは乾燥肌を改善するのに有効ですから、まずはこれが配合されている化粧水がおすすめです。また、肌のハリを保つコラーゲンや、高い保水力を持つヒアルロン酸は、真皮にある成分ですが、化粧水で与えることで表皮で高い保湿力を発揮してくれます。乾燥を防いで肌に潤いを与えてくれて水分バランスを整えるのに最適ですから、これらの成分が含まれているものがおすすめです。逆に避けたいのが着色料や香料などの化学成分です。これらが多く含まれていると肌に刺激を与えることになり、バリア機能が弱い乾燥肌は肌トラブルを起こしやすくなります。無添加タイプで成分的に安心なものを選んで、使用するのがおすすめです。